簿記3級ネット試験に受かる方法を教えます。

私は簿記の知識がゼロでした。

それでも半年で簿記3級に合格しました。

試験を受ける前までは全く簿記の知識はありませんでした。

私の場合は勉強を始めてから6か月で簿記3級のネット試験に合格しました。

ちなみに1日の勉強時間は平均が0-30分です。

全く勉強しない日もあれば週末に集中して2時間程度勉強する事もありました。

今回実際に簿記3級ネット試験に合格した私がここは押さえておいて欲しいポイント、簿記3級のネット試験で合格する方法をお伝えしたいと思います。

ポイントは以下の5つです。

①テキストは最低2周する

②ネット試験の模擬試験を受ける

③1問目の問題はスラスラ解けるレベルにしておく

④2問目の問題は後回しにする

⑤頻出問題は絶対に抑える


①テキストは最低2周する


簿記初心者の人であれば最初テキストを見ると嫌気が挿すと思います。

「テキストを開いたけど何が書いてあるかさっぱり分からない・・・」

「合格する気がしない・・・」

私は勉強を始めたばかりにそのように思っていました。

それほど普段の生活や仕事で出会わない単語やが多かったのです。

なので、天才の人は置いておいて一般の人であればテキストを1周しただけでは絶対理解は出来ません。

ですからまずテキストをざっと1周終えて全体像を掴んでから理解を深めるためにも最低テキストは2周して下さい。

②ネット試験の模擬試験を受ける


ネット試験と紙試験は全く違います。

ネット試験紙試験
試験時間60分90分
問題数3問5問

違いは「試験時間」と「問題数」です。

試験時間はネット試験が60分なのに対し紙試験は90分です。

問題数はネット試験は3問に対して紙試験は5問です。

そして、大事なのが試験を受けている感覚が全く違うのです。

勉強は手で書いて覚えたりします。

なので、紙試験に慣れている感覚になります。

ネット試験は紙試験に比べ問題数が少ないのですが、あっという間に60分が過ぎ去ってしまいます。

いちいち手で書いていた事をパソコンに打ち込むという時間が正直ないのです。

ですから問題をパソコンを見ながら解き、そのままパソコンに打ち込むような練習が必要なのです。

それを踏まえた上で一番いい方法はネットの模擬試験を受ける事です。

ネット試験の模擬試験はインターネット上でも転がっています。

是非、本試験の前にネットの模擬試験を受けて慣れておいて下さい。

③1問目の問題はスラスラ解けるレベルにしておく

ネット試験は60分間と短く時間との勝負になります。

1問目は仕訳問題が15問出題されます。

1問目は15分程で片づけたい所です。

簡単に言うと1問目に時間をかけないということです。

しかし、1問目の配点は高く凡ミスにも気を付ける必要があります。

ちなみに1問目は100点満点の内45点で1問3点と配点が高いです。

仕訳問題は呼吸をするようにスラスラと解けるようになるまで勉強が必要です。

④2問目の問題は後回しにする

ネット試験は全部で3問あります。

1問目は100点満点中45点で3問目は35点です。

簿記3級は70点以上で合格ですから1問目と3問目を高い得点を取るだけで合格が出来てしまいます。

筆者の経験からは1問目には数問難しい問題が出ますが高得点は狙えます。

3問目は精算表や試算表等の問題が出ますが時間をしっかり使って解けば高得点が十分に狙えます。

2問目は「どの補助簿を使用するか選択する問題」、「転記問題」、「文字穴埋め問題」等が出題されます。

ところが2問目は癖のある試験が出ることが多いのです。

トリッキーな問題も時々見られ2問目を先に解いてしまって混乱してしまうパターンもあり得ます。

ですので、まずは1問目と3問目を解いてしまってから残りの15分程で2問目を取り組む形をオススメします。

ちなみに3問目は25-30分で解きましょう。

⑤頻出問題は絶対に抑える


当然ですが、頻出問題は必ず押さえておきましょう。

ほぼ必ず出る問題としては、「貸倒引当金」、「有形固定資産売却」
「減価償却費」等です。

この辺りが簿記3級の中で難しく且つ高頻度で出る問題なのでしっかり理解しておきましょう。

また、「精算表」、「試算表」の問題は3問目で出ますので練習の時は25-30分でしっかり解き終える位のレベルにはしておきましょう。

まとめ

簿記3級のネット試験に合格する方法を解説しました。

方法は以下の5つです。

①テキストは最低2周する

②ネット試験の模擬試験を受ける

③1問目の問題はスラスラ解けるレベルにしておく

④2問目の問題は後回しにする

⑤頻出問題は絶対に抑える

しっかり押さえるべきポイントは押さえて勉強すれば合格はかなり近くなると思います。

ちなみにネット試験は毎月受けることが出来ます。

ですので仮に不合格だったとしても次の月にまたチャレンジして欲しいと思います。

応援しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA