【睡眠ファースト】昼間 眠い・・は生産性を下げるだけ。

学生時代の話です。




深夜3時まで勉強していたことを親に自慢したのを覚えています。




「昨日、3時まで勉強した!」とドヤ顔で言ったものです。




でも、今振り返れば…




勉強開始時間が夜の12時過ぎで終わるのが3時だとすると勉強時間は3時間です。




しかも、夜遅いので頭は回転していません。




勉強の効率はかなり悪いのです。




深夜なので頭の回転は当然悪く、勉強した事が頭に入っているかはかなり微妙な所でした。




さらに言えば次の日の朝は起きれないし、睡眠時間を削っているので学校がある日であれば授業の内容も頭に入らない状態だったと思います。




本当に効率の悪い事をしていたなぁと今思うと恥ずかしい限りです。




この教訓を今に活かすとすれば、まずは睡眠時間を確保することです。




仕事や勉強の効率・パフォーマンを上げるために「何時に寝て、何時に起き、何時間睡眠時間を確保するか」を計算して逆算し起きている間の行動を計画することが重要です。




しっかり睡眠時間を取り日中のパフォーマンスを上げることを考えるべきなのです。




頭がしっかり冴えている時間帯を仕事や勉強時間に充てるべきなのです。




頭の回転が遅い時間に知的作業を入れないことが大事で、また十分な睡眠時間を取る必要があります。




まずは睡眠時間の確保をすること、つまり「睡眠ファースト」を意識して生活することが何より大事なのです。




睡眠を制すると人生いい方向に動きそうで考えるだけでもワクワクします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA