【目的の質で大きく変わる】お金のためか?目の前の人を喜ばせるためか?

ビジネスにおいても「仕事の目的」が大事と言われています。


「何のためにするのか?」


「なぜ仕事をするのか?」




と自問自答して仕事の目的を明確にするようにしています。




私も時々仕事で迷ったり、悩んだりすると立ち返るために仕事の目的を考えるようにしています。




仕事の目的を考える上で大事なのことが「目的の質」です。




例えばお客さんを前にして「お金のため」と思いながら仕事をしていたとします。




すると目の前の利益の欲しさに自分やお店、会社のためだけの対応になってしまいます。




短期的に売り上げや利益は上がるかもしれませんが顧客の信用は得られず長続きしない商売になるでしょう。




ところが、「目の前の相手を喜ばせるため」とお客さんを目の前にして仕事をしていると「相手の立場」になって考えることが出来てきっといい仕事ができるはずです。




そして、ファンになってくれる顧客も増えて商売も長続きすると思うのです。




同じ仕事をするにしても仕事に対する「目的」が違うと大きく変わります。




仕事の「目的の質」が変わるだけで顧客に対する「対応」、「行動」、「声かけ」等全く違う仕事が出来るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA